便秘に音楽療法が効果的!?意外過ぎる関係性を明らかにします

未分類

こんにちは!セラピストのヒサヨシです。

便秘に悩む人ってめちゃ多いイメージなんですがみなさんはどうですか?

僕自身も常に便秘!!みたいな生活を送っていました。

10何日便通なしみたいなのはざらだったし気にしたこともなかったんですが、歳を重ねるとそんなことも言ってられなくなり…

そんな中、面白い論文を見つけたので紹介したいと思います!!

この記事で理解していただける内容がこちら

  • 便通を誘発する音楽がある
  • 便秘が解消されることによるメリット

の話をしていこうと思いますので最後まで読んでくださいね!!

便通を誘発する音楽

嘘のような話ですが、実際にそんな研究した人がいるんですね。

東京芸術大学の助教授で音楽療法の権威でもある桜林氏が重度の便秘を感じる人を対象に食前と就寝前にモーツァルトの「メヌエット」、ショパンの「マズルカ舞曲」、シュトラウスの「ウィーンの森の物語」を聴かせる実験を行ったそうです。

すると、3日目から便通があり、便秘が解消されたと言う報告をしました。

実際、嘘やろ?と思って試しにやってみたわけですよ。そーゆーのすぐ信じちゃうタイプなんで。

ただ食前に聞くって言うのはちょいちょい忘れてたんで、寝る前だけ聞くことが多かったんですが、便秘2日目に効果を実感し、その後は1日1回はトイレに行くって感じになってます!!

便秘の人はわかると思うんですが、便通が来るタイミングみたいなのありませんか?

溜まりまくって出る!みたいな。

そのタイミングを超越してこの音楽を聴きながら寝ると便通が誘発されるようになりました。

便通を誘発する理由

なんで音楽聴いたら便秘が解消されるのか?なかなか謎だと思います。

理由はちゃんとあって研究結果からも偶然ではないです。

桜林氏も話しているんですが、モーツァルトの音楽は特に効果が見られるそうです。

その理由が、「行動を活発にされる作用のある交感神経を抑え、リラックスモードにさせる副交感神経を優位にする音の特性が多く含まれている」とのことです。

ということは寝る前に聴くことで副交感神経が優位になれば寝つきも良くなり、かつ便秘に悩んでいる方は便通もよくなるというまさに一石二鳥な効果な訳ですよ。

特に4000Hzの高い音(高周期)の周波数と川のせせらぎのような優しい和音がバランスよくモーツァルトの音楽には含まれていてこの音が、脳幹から視床下部、そして、副交感神経に作用すると言われています。

これも、経験したから話せることですが、最初はアップテンポな感じがしてねれないんやないかな?って思うんですが、ちょいちょいこころ穏やかになる部分もあったりしてそんな波を感じてたらいつの間にか寝ちゃってるんです。

今まで寝つきが悪い時は快眠アプリとかよく寝れる音楽みたいなのを聞いて寝てたんですけど、モーツァルト神!って思ってしまう次第です。笑

音楽の内臓における効果

上記のように副交感神経が優位に働き寝つきが良くなるとともに便秘の改善が見られる話をしていきましたが、実は食前に聴くことでさらに効果がある話もあります。

モーツァルトの音楽に聴き入るとなんと唾液分泌量も増加するんです。

というのも視床下部に音楽が響き、唾液の分泌量が増すことがわかっています。さらに唾液の分泌量が多くなれば消化酵素の働きもよくなり、腸の蠕動運動も活発になります。

ということは、食前に聴くことで、腸の働きもよくなり、いつもよりも効率よく消化をしてくれてなおかつ、便通もよくなる作用があるんです。

僕もそうですが、食前におんがを聴く習慣はあまりというか、全くないので忘れがちになりますが、試してみるのもアリかもしれません。

便秘が解消させることによるメリット

便通が良くなるとどのような恩恵があるのか?

腸活なんて言葉もあるくらいですからいいことがあるに違いないですよね。

  • ダイエット効果
  • 免疫力が上がる
  • 肌や髪がツヤツヤ
  • ストレスに強くなる

の効果が期待できます。

ダイエット効果

いわゆるデトックス効果というものです。

腸では栄養の吸収が行われますが、溜まると再吸収なんてこともあって一度吸収したものをさらにもう一度吸収して、エネルギー源の脂肪に変えたりすることがあります。

溜まり過ぎることで再吸収がされて必要以上にエネルギーを搾取するんです。

便秘が肥満になる原因はここにあります。

しっかり、一度とった栄養分でそのままスッキリ外に排出した方がいいですよね。

免疫力が上がる

腸内環境が良くなる状態というのが、善玉菌がたくさんいる状態のことを表します。

善玉菌と悪玉菌聞いたことがありはと思いますが、字の通り善玉菌が多い方が体にとっては非常にいいことですし、そうなるべきなんです。

善玉菌が多いことで、免疫システムが正常に作動して風邪などの病気になりにくい体になると言われています。

悪玉菌が多いと外部から入ってきた病原菌たちが腸で暴れだし、病気になりやすいんです。

悪玉菌を溜め込まないためにも排泄は非常に重要な生理現象となっています。

肌や髪がツヤツヤ

シミやシワ、そして髪のツヤはのなくなる原因は活性酸素の攻撃によるものと言われています。

巷では活性酸素を取り除くために水素水が流行ったり、水素サプリメントなんてものも出ていますが、実際の効果は疑問が残ることも多くわかんないことも多いです。

しかし、腸内細菌には活性酸素と戦う菌たちがいます。

便通が良くなり活性酸素と戦う菌たちが活発に働いてくれることによりこれは阻止することが可能になることがわかっています。

便通を良くして活性酸素を撃退して、いつまでも若々しい肌や髪でいれればいいですね!!

ストレスに強くなる

実は腸の中でセロトニンという神経伝達物質が90%作られています。

このセロトニンは幸せホルモンとも呼ばれていて、腸内環境が良くなればセロトニンの生産率も上がりストレスに感じていたような日常もストレスに感じにくくなるという報告があります。

セロトニンが増加することで精神的にも落ち着きが見られることもわかっていますし、ストレスに対する免疫機能が上がるんです。

まとめ

音楽療法特にモーツァルトの音楽は副交感神経に作用して便通を促す話でした。

  • 音楽を食前と就寝前に聞くと便秘解消
  • 音楽は特にモーツァルトが良い
  • 便秘を解消することで体に良い恩恵がある

といったところでしょうか。

何度も言いますが、食前に音楽を聴くことを習慣にすることが難しいと思います。

しかし、腸の蠕動運動を促す作用があることがわかっていますし、音楽を聴くことをオススメします。

就寝前はリラックス効果もありますし、副交感神経がさらに優位に働くように積極的に聞きましょう。

僕も取り入れてますが、最初はやっぱり穏やかな感じではないので落ち着かないこともありますが、結果、川のせせらぎとのギャップを感じつつ、呼吸を意識して入眠するとめちゃ快適に寝ることが可能だと思います。

便通が良くなることで、ダイエット(デトックス効果)、免疫力向上、肌や髪がツヤツヤ(美容効果)、ストレスへの抵抗力が得られることもわかっていますし、健康な生活を送るために有意義な時間に音楽はしてくれます。

ぜひ生活の一部にモーツァルトなどの音楽を取り入れてみてください!

プロフィール
ヒサヨシ ナオヤ

福岡育ちの31歳。
理学療法学科の専門学校を卒業後介護施設(デイサービス)に従事。
その後、東洋医学、タイ、インドマッサージを学び現在はセラピストとして
月間100名以上の足ツボを行なっています。

Hisayoshi Naoyaをフォローする
未分類
Hisayoshi Naoyaをフォローする
ヒサヨシ 健康ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました