片付け上手になればダイエットにも効果あり?有意義な時間活用

ダイエット

こんにちは、ヒサヨシです。

今あなたの家でこの記事を読んでいるならばこの画面から1度目を離して今いる部屋を見渡してみてください。

きれいにしていますか?どこに何があるか所定の位置を決めているところにちゃんと物は揃っていますか?

僕はできてませんでした。

というのも、幼い頃から片付け苦手で学校の机の中はモノだらけ。学年が上がる時に机の中に入れた引き出しだけ持って部屋変わるシステムだったんですけど、その引き出しを出すのが恥ずかしいくらい片付いてないって幼少期でした。

今思い返しても恥ずかしさしかないですし、そのまま専門学校を卒業して介護施設に就職したんですが、ここでも片付けの雑さと下手さは発揮されてました。

しかしながら転機も訪れ、整理整頓を徹底している元自衛隊の先輩から大激怒されたことをキッカケに意識するようになるとともに、勤めていた介護施設で5S運動なるものが始まり片付け意識を植え付けられた経験があります。

ただ、この片付けが上手になることとダイエットって繋がりがないように思えますが、直接的な関係よりも意外な間接的関係があるんです。

この記事で得られる情報として↓↓

  • 片付いた部屋ではメンタルが健康になる
  • 片付いた部屋=ものが少ないと時間が生まれる
  • 時間が生まれれば健康思考に心をコントロールする

をお伝えしたいと思います。このようにヒサヨシ健康ブログではダイエットにまつわる知識や経験、そして健康や病気にまつわる話をしていますので興味が湧いた方は是非他のページも読んでいってくださいね。

片付いた部屋ではメンタルが健康になる

きれいな部屋で過ごす時間と散らかった部屋で過ごす時間を想像して比較してみてください。

きれいな部屋でコーヒーを飲むゆったりとした音楽を聴きながら椅子に座って考え事をするのもいいですね。考えただけで優雅で幸せそうな時間が過ごせそう。

逆に散らかった部屋で同じようにコーヒーを飲んでみましょうか。同じようにゆったりとした音楽をかけてみてください。

ん!?なんかきれいな部屋で過ごす時と同じような幸せそうなイメージ湧かない!!

これには視覚から入る情報に原因があるんです。

きれいな部屋では思考がフル回転?

きれいに物が整理された部屋で過ごす時間を想像してみてください。心も澄んだようになり様々な考えが湧き出たり心も穏やかに過ごせることがわかっています。

よくカフェでパソコン作業してる人見かけることありませんか?非常に理にかなっていてカフェが作り出す空間は常にきれいな状態でさらに落ち着いた音楽がかかってます。思考をフル活用しやすくする条件が揃っているんです。

中には意識高い系を目指すためにネットサーフィンしてたりする人もいますけど、ブログ書いたり仕事の書類を作成するには非常に良い環境なんです。

散らかった部屋はストレス因子?ストレスはダイエットの大敵

逆に汚い、散らかった部屋でパソコン作業をしていることを想像してみましょう。

様々なところに意識が飛び集中はおろか仕事にならないことが多いです。この環境で集中できるのはかなりの猛者だと思いますし、ごく少数の人だと思います。

さらに、散らかった部屋が与える脳の影響も報告があり散らかった部屋で生活をしている人の方がストレスを抱えやすかったり、イライラしやすい傾向にあります。

意識的に散らかった部屋を見て見ぬ振りをしていても目から入る情報は脳で処理され結果としてストレス因子になるのです。

ストレスは肥満要素の1つです。部屋が散らかることでストレスを知らず知らずのうちに受けていると自然と太りやすいメンタルになるんです。

自分自身の無頓着は部屋の散らかり具合を表す

人と接して行く中でこの人部屋汚そうだなって思うことありませんか?このような印象を持たれやすい特徴として自分自身に無頓着な人があがります。

髪がボサボサだったり、シワシワの洋服着たりした人ってなんか部屋にも気を使ってないんだろうなーって思うんです。無頓着であれば自身の体のことに対しても同じことです。

むやみやたらにジュース片手にお菓子をつまんでダラダラしてたり、食生活も乱れまくりみたいな?

逆に整理整頓された部屋でやろうとすると自制しますし、そもそもきれいな部屋を維持できる人って食事だったり外見にもすごくこだわっていたり徹底してる人が多いです。

片付けされた部屋でストレスフリーの環境を作るべき

知らず知らずのうちに視覚から入る散らかった部屋はストレスを感じることは話しました。

じゃ、どうするのか?片付けをしてストレス因子を減らすに限るんです。

片付けをする事で心にも余裕が生まれますし、僕の経験談にもなりますが家がきれいであれば笑顔が多くなります。人との会話でもネガティブな要素よりもポジティブなことを考えやすくなりますし、出てくる言葉にも明るい話題が多いです。

逆に多忙な時期になると自然と散らかりダラダラした生活が始まります。このモードに入ると些細なことでイライラしたり周りの人に振り回されてさらに仕事がはかどらない負の連鎖が始まります。

周りの人に振り回されれば仕事効率も落ち始めてさらにイライラ、どんどん自分自身の首が絞まって行くんです。

それなら、常にきれいな部屋でストレスフリーを実現するために行動しないといけないですよね。

ストレスを感じ不摂生な生活が始まればデブ活の始まりです。

太らないようにするためにも整理整頓されたきれいな部屋は必須になります。

片付いた部屋=物が少ないと時間が生まれる

とはいえ、片付けをしました。今きれいな状態です。多忙になると散らかって行くのは経験済みです。 散らからないために何かできることはないのか?ものすごく考えました。

散らかる要因は様々ですが、一番のポイントは物で溢れると部屋は散らかります。

片付けが苦手な僕は物を捨てる行為が苦手なんです。僕が物を捨てようとするときに3つの心理が作用して捨てることができないことに気づきました。

  • 選択肢が豊富であれば心も満足
  • 捨てることにより損するんじゃないか?
  • 買って満足、持ってて満足だから手放したくない

この3つのことが原因で物が捨てられなかった。

選択肢が豊富であれば心も満足

僕の心理状態として様々なズボンと様々なシャツ、そして様々な帽子や時計などの小物類この多くの選択肢からひとつひとつを選び僕なりの色を出すこれがおしゃれなんだー!!!って勝手に思ってました。笑

その結果、物が溢れかえりクローゼットに収まらないほどの洋服たち。さらに頭は1つしかないのに10個以上ある帽子コレクション。

時計なんて腕2本しかないのに20本は持っていました。

その日その日に合わせて様々な使い分けを自分なりにしていましたがこれ選ぶのにめちゃ時間かかるんですよね。

でもその悩む時間も僕の中ではその当時幸せな時間だったりもしました。しかしながら、時間には間違いなく追われてましたし限りある時間をここに使うのは今考えるともったいないんです。

そんなことしてたら本当に偶然、スティーブ・ジョブズの私服の話を耳にしました。

スティーブ・ジョブズは同じシャツ、同じパンツを複数枚持っていてそれを着まわしていた。常に同じ格好で表に出ていた

衝撃が走ったんですよね、そのとき。偉大な功績を持つ人がそんな服の選び方してるなんて。

ここから考え方が変わりました。

選ぶにも限られた時間がどんどん消耗されて行くことに気づけました。

人間は視覚情報の認識で3つまでしか処理できないと言われています。

なのでシャツ3枚、パンツ3枚、靴は3足で選択肢を持てば時間がかなり節約されるんです。

今まで服選びに数十分かけていたところが5分かかるか、かからないかまで短縮できました。

約25分は僕自身の自由な時間としてその日使うことができるようになったわけです。

捨てることで損するんじゃないか?

3択にすることにより今まで選びに選びまくってた服や小物たちがいらないと判断できるようになってきたんですが、とはいえ中にはブランド物だったり価値ありそうなものもあったんです。

片付けをするにあたり必要なものと不必要なものを判断しようとします。

必要な物は3択に選ばれた服や靴。逆にそれ以外は不必要と判断して全く使わないからいらないと決めたんですが、捨てたらやっぱり損だと思ったのでフリマアプリを使用したり、知人にあげたりしました。

知人にあげる行為って実はめちゃくちゃ片付けの時に大切で僕にとっては不必要と判断した物でも他の人にとっては必要な物になりうるんですよね。

特に顕著だったのが時計。

あげたときの喜びようを見たときに僕自身もなんか良いことしたなぁーって思えてウィンウィンな関係なんですよね。

こちらとしては部屋が片付くし、相手も欲しかった一軍時計が手に入るみたいな。

捨てることはあまりしませんでしたが、プレゼントしまくることで心にも余裕が出てくるようになりました。

買って満足、持ってて満足

人間は物を買うときに一番の価値を感じます。仕事頑張ったご褒美にボーナスで高級な時計を買うとかわかりやすい例です。

時計であれば使うかもしれませんが、何本も持つようになると話は変わります。

僕のように複数持ってたりすればオブジェ化するんですよね。

資産価値があるようなものであればいいでしょうけどそんなの複数持ってる人は一握りです。

一般人が持つ時計のほとんどは買う時が1番高いし売るとなれば買った値段よりも安く引き取られます。

この考えを買い物に行くときに思い出すと衝動買いはめちゃ減ります。

面白みがないと思われるかもしれませんが、きれいな部屋を維持するためには物を増やさないことが大前提なので極力物を増やさないようにします。

家の中のものが減る、そして増やさないことを徹底すると時間が生まれる

きれいな部屋を保つコツは物を減らす、そして増やさないことが大切です。

上記で話したようにものが減り、選択肢を3つまでにすることでそれ以外は不必要になります。また部屋が散らかる人の特徴もう1つは衝動買いが多い人です。その場の雰囲気や気持ちに左右され買ったものはその場では満足しますが、結局使ってないままだったり、ひどいときにはどこに行ったかもわからないなんてこともあります。

買う時が1番の価値があるならばその瞬間やはり1番いいもの買いたいと思いませんか?

買って後悔するよりもしっかりと吟味して今のあなたのベストチョイスにしっかりと投資すべきですし、その選択があなたの価値を上げてくれます。

そして、限られた選択肢を作ることで多くのものから選び出すよりもかなりの時間短縮が可能になります。

話した通り僕だと25分短縮できました。

25分時間ができれば1週間で175分、30日で750分もの時間が今までと比較してできるわけです。

この時間何に使いますか?体型が気になってきたならば運動に充てることもできます。

これからの人生のために英語を学びたいのであれば英語の勉強も可能ですよね。

家もきれいになり、ストレスフリーの環境が出来つつ更にダイエットの時間や勉強の時間など自己投資ができる時間が生まれるようになります。

時間が生まれれば健康思考に心をコントロールする

家が片付くことで時間が生まれることまで話してきました。家の片付けがしたくなってきましたよね。

せっかく、片付けをしてきれいな状態が完成すればそのまま維持しつつ今まで選ぶ時間に使っていた僕の25分は有意義に過ごしたいところ。

この25分はもう僕の自由そのものなんですよ。何するにしてもOKで誰にも迷惑をかけないものなんです。

ゴロゴロして日頃の疲れを少しでも取ることも大切ですが、僕は健康のために使うことにしました。

散歩や自重トレーニングに充てました。

きれいな部屋になると今までは感じなかった健康志向であったり、ポジティブな考え方が湧いて出てくるようになったんです。そして何故かにやけるという。笑

不思議なんですが、物がなくなることで家には今までなかったスペースが生まれるわけです。

そのスペースを使って自重トレーニングが行えるようになりましたし、ヨガマットを購入することで更に快適にトレーニングが行えるようになりました。

更に言えば何故か今までコンビニでもスルーしていたサラダを頻繁に食べるようになったんです。

きれいな部屋になると心理的にも健康志向になることが言われていますし、仕事の効率も上がります。

仕事の効率が散らかっていた部屋時代に比べて上がるということは、洋服選びをしなくなり生まれた25分に加えて更に僕自身の時間が生まれるようになったんです。

しかも自宅でトレーニングができるようになったのでたまに億劫に感じていたジムでのトレーニングをサボっても家で可能になれば全くしないよりは全然マシですよね。

結論 片付けはダイエット思考の原点、部屋がきれいなら体つきもきれい

ダイエットを始めると今までしていなかったことを始めるわけですからルーティンに新しい時間が加わるわけです。時間というものはどんな大金持ちでも、生まれたての赤ちゃんでも1日24時間であることは変わりません。

その24時間の中でいかにダイエットや自己投資に回す時間を作ることができるのかは今あなたの目の前にある光景がきれいな状態の部屋なのか、それとも散らかって足の踏み場すらもないような部屋なのかで変わることは理解していただけたかと思います。

ポイントのおさらい↓↓

  • 気づかないが散らかった部屋はストレスを脳では感じている
  • 選択肢を減らして自分の時間を増やす
  • 自分の時間が生まれたことを実感すればその時間を自己投資に回す

片付けは実はダイエットを含めた健康面にも影響を及ぼします。きれいであれば健康志向のポジティブな考え方が豊富に出てきますし、様々な面で力を発揮しやすくなりますが、散らかっていれば負の連鎖が止まらなくなります。

来客があるから片付けるのではなくいつでも人が来てもいいと思えるレベルで維持することが健康面を整える意味でも大切です。

散らかった部屋の光景はあなたが意識していなくても無意識のうちに脳にとってはストレスとして感じます。

ものが溢れかえり洋服を選ぶ時間に多くを費やすと人生の限られた時間、せっかくの成長可能にできる時間を自分の手でなくしていくことになります。

今までの僕の生活は本当にもったいない生活リズムでした。しかし、学校でも親からも「片付けなさい!」は言われても本質は教えてもらえませんでした。

もっと早くに気づけていれば更に充実した生活が送れていたかもしれません。ただこれに気づくことなく人生を終える人も多くいます。この記事を目にしたあなたはチャンスだと思います。

ダイエットするにしても効果を最大限に引き出すならば部屋をまず片付けましょう。

気持ちから健康志向になれば自然と食事に気を使うことになりますし、更にここで話したことを実践することであなたの自由な時間を手にすることができるはずです。

その時間を運動やストレッチ、更にはあなたを高めるための勉強の時間や休息の時間にすることで充実した日々が訪れるようになるかもしれません。

早速、今以上にきれいな部屋を作り健康な人生を送りましょう!!

プロフィール
ヒサヨシ ナオヤ

福岡育ちの31歳。
理学療法学科の専門学校を卒業後介護施設(デイサービス)に従事。
その後、東洋医学、タイ、インドマッサージを学び現在はセラピストとして
月間100名以上の足ツボを行なっています。

Hisayoshi Naoyaをフォローする
ダイエット
Hisayoshi Naoyaをフォローする
ヒサヨシ 健康ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました