ダイエットの食事にはコツがあります!食事制限は極力なしです

ダイエット

こんにちは、ヒサヨシです。

ダイエット始めるにあたって極力食べたいものは食べたいし、制限なんてしたくないですよね。

わかります。食べたいものを食べることができないダイエットなんて続くわけないし、ストレスで気がおかしくなりそうです。

あなたの食べたい欲求を満たしつつ痩せる為の食事を一緒に考えていければと思います。

僕自身も小さい頃からお菓子大好き!!サッカーしてたけどぽっちゃり体型を気にせず過ごしてきましたけど、このままじゃいかんと思いダイエットに励んでいます。

様々なダイエットを試して今に至ってますのでこのように経験を伝えていければと思います。

この記事で得ることができる情報は↓↓

  • 食事制限は極力せず、食べたいものを食べる
  • 食事で痩せやすい体に体質改善

上記のことを理解していただけると思います。

では早速いってみましょう!!

食事制限は極力しない。食べたいものは食べる!控える時は控える

ダイエットでの一番の敵はストレスです。

食べることができないこともストレスですし、運動を継続する習慣がない人もそれすらストレスに感じてしまうでしょう。

願わくば、好きなものはたくさん食べつつ痩せることができれば幸せですよね。

可能なのか?検討していきます。

【実体験】食べたいもの食べても痩せることは可能

いきなり結論ですが、僕が経験した上で断言できます。可能です。

ただポイントはしっかりと理解しておく必要があります。

  • 自分自身の1日消費カロリーを算出
  • 1日消費カロリー内で好きなものをチョイス
  • どうしても超えてしまう場合は翌日控える、さらにいつもより強度の運動を行う

これが必須です。

そりゃ、アイス食べてお菓子食べて焼肉行って運動全くしない!!なんてことすれば太るのは理解できますよね?ある程度の制限は必要です。

必要ですが、極端な糖質制限や炭水化物カットなどは全くする必要はありませんし、逆に体には悪影響になります。

冒頭に話した通り我慢でストレスになるなら食べるべきです。

僕の場合上記のポイントを踏まえてどのようなことをしたのかというと↓↓

  1. 1日消費カロリーを算出
  2. 自分の1日消費カロリー内で食事をする
  3. 超えた時はハードなトレーニングを課す
  4. 超えた翌日は控えめな食事

この4点を徹底的に守りました。ポイント通りそのまま行った感じです。

例えば食事例

朝ごはん→無し

昼ごはん→サラダスパゲティ、ゆで卵、プロテイン

夜ごはん→焼肉(食べたいものをひたすら食べる)

こんな感じの生活してます。

朝ごはんは基本食べません。必要性がないと考えています。

疑問に思う人もいると思うので参考記事↓↓

ダイエット中の朝ごはん考えることは簡単です。結論食べなければ良い

昼ごはんはだいたい500kcal前後にするようにしています。

さらに高たんぱく質の食事をすることでお腹が空きにくい状態になります。

前日に食べ過ぎたと感じた日には、サラダとゆで卵を2個とかにプロテインと言った食事にします。

お腹が空きにくいということは間食を減らす目的もあります。

ダイエット中は運動も必要です。運動を行うと筋肉は少なからず傷を負いますので筋肉の修復を促進する意味もありたんぱく質にはこだわります。

夜はなんでもオッケーです。

お酒も飲みますし焼肉、居酒屋などなど外食がほとんどです。

それでも結果的に痩せてきます。

なぜなら1日の消費カロリー以上を毎日のように摂取することが肥満につながります。

1日消費カロリー内に収めることができれば今以上に太ることはありません。

仮に大きく超えた日があれば翌日は豆腐や納豆など低カロリーの高たんぱく質の食事をするようにすれば問題無しです。

極力食事制限をしないという表現をタイトルにもしていますが、全く制限なしのダイエットは僕の中ではなしです。

前日に大好きなものを大量に食べて心も体も満たされたならば翌日はそのツケをしっかりと清算しないといけないです。

食事を利用して痩せ体質になる

痩せ体質になる食事にもポイントがあります。

好きなものを食べることはいいことなんですが、今までの食事に1つ2つ加えることでより良い食事にすることが可能になります。

  • 食物繊維を意識して食べる
  • 野菜から食べることを心がける
  • オリーブオイルを使う
  • 食後はブラックコーヒーで〆る

ひとつひとつ解説していきます。

食物繊維を意識して食べる

食物繊維の豊富な食材として、海藻類、穀物、きのこ類などに含まれています。

食物繊維が豊富とされる食材の特徴としてよく噛む必要があるが多いです。

よく噛む必要があれば必然的に満腹中枢が刺激され少量でも満腹感を得ることが可能です。

さらに、食物繊維を摂取することで腸内環境が整います。

腸の中にいる善玉菌の栄養にもなりますし、さらに食物繊維はコレステロールや糖の吸収を抑える作用もあります。

不必要なものは食物繊維と一緒に外に排出されるので太りにくい体になります。

食べるべきものとしては、なめこの味噌汁、筑前煮、きのこを含めたサラダ、らっきょう、ひじきサラダなどなどです。

白米が好きな方も多いと思いますが、玄米に変えることで腸内環境も改善されます。

少しの変化を加えるだけでも時間がかかりますが、体も変化していきます。

野菜から食べることを心がける

数年前に食べ順ダイエットというものが流行したのを覚えている人いますかね?

あれ本当に効果あります。野菜の食物繊維が糖質の吸収を穏やかにしてくれて血糖値の上昇も抑えてくれる働きがあることがわかっています。

1番の理想の食べ順は野菜→主食→汁物→ご飯の順番が理想ですが、僕自身の食べ方は野菜→ランダムです。笑

野菜を先に食べきってからは三角食いします。

昔から母と祖母の教えで癖は抜けません。

それでも結果は出ます。

とにかく意識することは野菜を先に食べるということだけです。

理想を追い求めるのであれば紹介した順番が好ましいです。

オリーブオイルを使う

オリーブオイルは排便を促す効果があります。

特に効果的な使用方法は絹豆腐にオリーブオイルをかけて岩塩を適量かけて混ぜるだけ

かなり効果ありますし、そこそこ美味しいです。

便秘で悩んでいましたが、便通も良くなります。

オリーブオイルは良質の脂質というポジションを取っています。脂質を抑えすぎると代謝が低下するというデータもありますので良質の脂質を摂ることで代謝の低下を防ぐためにもオリーブオイルは有効です。

食後はブラックコーヒーで〆る

ブラックコーヒーに含まれるカフェインクロロゲン酸はダイエットに有効に働きます。

カフェインは血行促進、代謝行進作用があります。

さらに消化酵素を活性化させる働きもあるので血行が良くなり、代謝が良くなった上に消化酵素の働きまで良くなる万能なカフェインの恩恵を受けない手はないですよね。

そして、クロロゲン酸は血糖値の上昇を穏やかにしてくれるとともに脂肪の溜め込みを阻止する働きもあります。

ダイエットには必需品といっても過言ではないです。

アイスコーヒーよりもホットコーヒーを選ぶようにするとさらに良いです。

〆に飲むわけですから熱いコーヒーの方が満腹感を得やすいです。さらに体を冷やさないためにも熱いコーヒーがオススメです。

結論食べたい気持ちを抑えてストレスを感じるなら要領良く食べるべき!

人生もダイエットも要領の良さは必要です。何度も言いますが、ダイエットの敵はストレスです。

大好きなものを食べることのできないストレスを抱えながらダイエットをしていると挫折することになりかねません。

ポイントを確認します↓↓

  • 食べたいものは1日消費カロリー内で食べる
  • 一日消費カロリーを超えてもOK!その代わり、翌日は制限する。そして、ハードなトレーニング
  • 今の食事に一工夫する
  • 〆はブラックコーヒー

といったところでしょうか。

食べたいものは食べましょう。我慢は良くありません。ストレスの元になります。

とはいえ、食べすぎが続けばダイエットではなくなります。痩せる意思があるのであれば、好きなものをいっぱい食べて心も体も満たされたなら翌日は我慢が必要です。

さらにいつもよりもハードな運動を行えばさらにいいと思います。

極端な制限は必要ありませんが、好きなものや食べたいものを食べるための我慢なら可能ですし、その我慢のおかげでさらに美味しさを感じることもできます。

白米が好きでいっぱい食べたいと思う人もいるかもしれませんが、急に白米を断つことをすればストレスになること必至です。

まずは、量を減らしてみることや白米から玄米に変更してみたり小さな工夫を行い慣れていくことも大切です。小さく小さく動くことでストレスは感じにくいですし少し動くことで食に対する意識が変わってきます。ダイエットを初めて間もない頃の僕がそうでした。

炭水化物を急にやめたり野菜だけの食事に変えてみたり大きく変えることよりも少しずつ進めていく方が長期的にみて効果的です。

あなたがストレスに感じないダイエットが本当に大切ですし基本はここにあります。

しっかりと足元をみて地に足をつけてダイエットに臨みましょう。

少しでも楽に時間をかけて痩せることができればリバウンドすることも少ないです。

長期的に継続することと適度な我慢を乗り越えて健康的な体になりましょう!

プロフィール
ヒサヨシ ナオヤ

福岡育ちの31歳。
理学療法学科の専門学校を卒業後介護施設(デイサービス)に従事。
その後、東洋医学、タイ、インドマッサージを学び現在はセラピストとして
月間100名以上の足ツボを行なっています。

Hisayoshi Naoyaをフォローする
ダイエット
Hisayoshi Naoyaをフォローする
ヒサヨシ 健康ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました