簡単ルールでダイエット成功の道を歩む

ダイエット

こんにちは、ヒサヨシです。

皆さんはルールや法律ってなんのためにあるかご存知ですか?

法律は秩序を守るために必要ですよね。

例えば、コンビニに買い物行って商品をカゴに入れてレジを通らずそのまま持っていけば窃盗となり法律に従わないということになります。

仕事場や学校でも複雑ルールだったり、これ必要なのか?って思うようなルールがあります。

僕が通っていた高校では髪型にすごくうるさい学校で男は坊主もしくは、刈り上げていないといけませんでした。

今でこそ、ツーブロックとか人気のモデルさんや俳優さんがこぞって刈り上げているので抵抗ないかもしれませんが、10年前の主流は襟足長めが流行ってたんですよね。笑

しかしながら、風紀を乱していると難癖つけられて坊主か刈り上げ。笑

毎月1回の風紀検査が学校全体で行われ、学年指導担当の先生が生徒の襟足を一人ひとり丁寧に指で挟んで指から髪がはみ出せば「刈り上げてこい!」と一喝。

さらに風紀検査では、眉の形もチェックされて整えていると判断されれば写真を撮られて経過観察。

それでもまだ整えようものなら謹慎なんて学校でした。

落ち着きがない高校だったので仕方がない部分もあるかもしれませんが、かなり作業効率悪いしある意味面白い学校ではありました。

こんな風にルールは面倒ではありますが、意思統一や一定の成果を出すためには必要な要素になります。

ただ、日本の法律や社内規定が複雑すぎると効果を発揮するどころか意味がなくなることがわかっています。

これはあなた自身に課す「マイルール」でも同じことが言えます。

マイルールを簡素化して簡単にかつ単純なものを設定すればそれを守ろうとしますので今回は僕が取り入れた4つのダイエットマイルールを紹介して気に入ってもらえれば実践してほしいと思います。

この記事から得ることができる情報として↓↓

  • 簡単なマイルールの設定方法のポイント
  • 僕が取り入れた4つのマイルール

をお伝えしたいと思います。このようにヒサヨシ健康ブログではダイエットにまつわる知識や経験、そして健康や病気にまつわる話をしていますので興味が湧いた方は是非他のページも読んでいってくださいね。

簡単なマイルールの設定方法のポイント

簡単マイルールの考え方のポイントから説明していきますね。

  • ルール自体が少ない
  • 使用する人によってカスタム可能
  • 具体的である
  • 柔軟性がある

この4つがポイントになります。

1つ1つ話していきますね。

ルール自体が少ない

そもそもルールが多いと混乱するし理解できてないルールを守るなんてできないです。

例えば、タイムズカーシェアリングのルールを出してみます。

  • 出発前には点検をする
  • 車内は禁煙(電子タバコも不可)
  • 時間内に返却
  • 乗り捨て禁止(元の場所に返す)
  • ゴミは各自持ち帰り
  • ペットの同乗禁止
  • 事故を起こせばすぐ報告

上記のルールがあります。さらにルールとは別にガソリン残量が少なくなった場合給油が必要になります。

サービス利用中に少なくなってると利用者が判断して各レンタカー内にある給油カードを使用して給油をすると利用料金の割引サービスがあります。(一定量以上入れないと割引対象にはならない)

給油と合わせて洗車も行えばさらに割引の対象になります。

レンタカーを借りたことある人なら一度は経験する多くの書類たちも初回だけであとはスマホと専用ののタイムズカードがあれば、それ以上の手続きの必要はないんです。

レンタカーは書類も多いしめんどくさいし、何より冊子のようなルールブックみたいなものまであって読んだことあるこれ?って思いますけど、カーシェアリングサービスはその中でも絞られたルールのみを掲示しています。

このことからわかるように無駄なものを省いて必要なものをルールとして選ぶことが大切になります。

使用する人によってカスタム可能

ルールに則って動くわけですが、皆さんロボットではありませんよね。僕はこうするけど、あなたはこうした方が合うって結構あるんです。

ベースのアレンジはある程度必要ですし決め込んで取り組むよりは許容範囲内で動けるようなルール作りが良いです。

具体的である

これもまたカーシェアリングの例ですが、先程話した給油の例です。

厳密に言うと20ℓ以上の給油で30分の利用料金を割引するサービスになっています。

これがアバウトに半分くらい減ってるから入れとくか!と入れて割り引かれなければなんとなく不満になりますよね。

抽象的ではなく具体的に20ℓという数字化されていることで利用する人もわかりやすく不満に思うこともないんです。

柔軟性がある

カチカチに自動化されたルールもいいですが、自分自身の首を絞めるようなルールを設けてしまうと苦痛ですし、そのルール自体にストレスを感じるようなら意味をなさなくなります。

ある程度柔軟性を持って取り組むことが大切です。

僕が取り入れたダイエット4つのマイルール

上記の4つのポイントを踏まえた上で僕なりのダイエットルールを作り実践しました。

まずはダイエットにおいてルールでいろいろなことを制限することは可能ですが、あれもこれも制限すればかなりストレスですよね。

例えば、糖質制限とか間食禁止とか、しちゃいけないものをルール化すると続かなくなるしリバウンドもしちゃうんですよね。

なのでストレスを感じにくくかつ簡単なものを選び実践可能なものにしました。

そして、数字化して時間で動くようにしています。

これは人それぞれの好みがあると思いますが、回数よりも僕は時間でいかに成果を上げる動きができるか?を考えてやってます。

多くの制限をかけていないので間食も食べたいと思えば食べますが、食べるものには気をつけています。

お菓子などは食べずにナッツやバナナ、プロテインバーとブラックコーヒーに頼ってます。

外食の際はルール制限ができないのでハメ外す時もあります。ここは臨機応変に対応します。

  • 20cmの平皿を使用したワンプレートメニュー
  • 運動はジム活60分、筋肉痛があるときはウォーキング45分
  • 朝とトレーニング後にプロテイン摂取
  • 1ヶ月1キロ前後の減量

ひとつひとつ細かく話していきます。

20cmの平皿を使用したワンプレートメニュー

僕のダイエット理論の1つに1日消費カロリーよりも摂取カロリーを低く設定するという考え方がベースにあります。

僕であれば1日2000カロリー以内の食事をするようにしていますが、食べるものをそれぞれ調べてカロリー計算しながら食べてると苦痛なんですよね。

ダイエット初期は「今まで平然と食べてたこのパンは500Kcalもあったのか?」などの気づきが多くて楽しいこともあるんですが、慣れてきたら確認するのって本当に手間なんです。

ここで思いついたことが、1食ワンプレートにして皿を小さくすれば必然的に摂取カロリー抑えることが可能というルール。

さらにバランスも考えてレンジで加熱調理する玄米と野菜、魚もしくは鶏肉を乗せるだけです。

丼にするのはNG!これで摂取カロリーを抑えることが可能になります。

運動はジムで60分、筋肉痛があるときはウォーキング45分

基本的に腹筋背筋から肩、腕のトレーニングをジムでは行います。

1日は腹筋背筋を使ったトレーニング、翌日は肩腕のトレーニング、次の日はウォーキングといった流れで使う部位を分けてトレーニングを行っています。

筋肉痛の際はトレーニングよりもリカバリーに時間をかけてストレッチや瞑想、ウォーキングに時間をかけます。

筋肉痛の治りかけならトレーニングしろ!ってたまに言う人いますけど痛みが残っているなら僕はしない方がいいと思いますし、何より痛みや苦痛を感じることは継続に支障が出る可能性があるのでオススメはしません。

それよりも、体を休ませて強くなってトレーニングに励んだ方が成果も確認できていいと思います。

マシーントレーニングを行う際は重りの重量何kgで行ったかをメモしておくと超回復が終わった筋肉痛明けのトレーニングで前回の自分の体の変化も分かりますしモチベーション維持にもなるので取り入れてみてくださいね。

朝はと運動後はプロテイン

僕自身朝食は固形物を食べないようにしています。

朝起きて水を飲むことと、軽くストレッチを行なった後にプロテインを飲んでいます。

トレーニング後はゴールデンタイムとも言われるほどタンパク質を体は欲している状態なのですかさずトレーニング30分以内にタンパク質を取り入れるようにしましょう。

筋肉量が上がれば代謝が上がり痩せやすく太りにくい体作りができます。そのためにもプロテインは必要な栄養素になるのでルール化しました。

最近ではトレーニング前にもプロテインを摂取すると効率よく筋肉がつくと言われていますのでこれから試してみようと思います。

成果があれば別記事にして報告します。成果を感じなければ察してください。笑

1ヶ月1kg前後の減量を目標

短期目標の設定は僕の性格上必要要素なんです。

というのも僕自身、集中力がめちゃくちゃ高いわけではなくむしろ低いんですよね。

1年で腹筋が見えるようになる体作りといっても抽象的すぎるし、3ヶ月で3kg痩せる!て決めても途中で諦めたり挫折することがあるので短いスパンの目標が僕には合ってると思います。

結論 簡単ルールでダイエットの道を作る

ここまではルールの設定方法のポイントと僕が実践したマイルールを紹介しましたが、全てが皆さんに合うとは限りません。

間食は敵だ!と思うのであればそれをルール化するのもいいと思います。要はあなたが実現可能でかつストレスを感じない程度の守ることが可能なルールを設定してそのルールに従って行動していくことが大切になります。

ポイントを押さえてあなたなりの簡単ルールを作る

僕のダイエットマイルールで1ヶ月1kg減量の目標を掲げましたが、人それぞれ考え方が違うと思いますし、トータルでは同じ1ヶ月1kg減でも3ヶ月で3kg減の方が帳尻合わせやすい!って人もいると思うので最初にお伝えしたポイント通りカスタマイズしていただいてあなたなりのダイエット簡単ルールを考えてもらえればと思います。

ルールとは規則、規制、しきたりのことです。

これを増やしすぎたり、複雑化しすぎるとモチベーションも下がりますし、ストレスになります。

レンタカーの例を出しましたが、冊子のようなルール本は読みたくないし多すぎると大切なことも見失いますよね。

無駄なものは省いて省いてあなたが考える守るべき大切なことをルール化しましょう。

ダイエットのルールブックはあなたです。

あなたの都合の良いルールを設けて取り組みやすい環境作りを心がけましょう。

ルールを作る中で紹介したポイントは必ず押さえてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました