ダイエット中の食べ過ぎ時はサプリで対処しリセットしよう

ダイエット

こんにちは、ヒサヨシです。

ダイエット中でも飲み会のお誘いや付き合いがあるとついつい食べ過ぎたり飲みすぎることありませんか?

僕はそこら辺の意思が弱かったので尻尾振って参加してしまいます。笑

しかしながら、今まで摂生してダイエットに打ち込んでいたにも関わらずリミットを外して飲み食べしてしまうとやっぱり罪悪感というか、やっちまったなぁーーという気持ちは拭えないですよね。

よし、明日からまた頑張ろう!ってメンタルになれればいいですが、やはり前日に食べすぎるともうダメ!!ダイエットやめようかな?とかさらに弱くなることがあります。

そんな人でも心の支えになる太りにくくなる成分が豊富なものがこの世に存在し、世の中のダイエットに取り組む人の支えになるなら是非とも試してみたいと思いませんか??

というか、そんな好都合な成分て存在するのかって話なんですよね。

今回、色々と調べてみました。

この記事で得られる情報として↓↓

  • ダイエットに有効な成分は3種類ある
  • 効率よく摂取できるサプリメント紹介購入可能
  • 食べ過ぎた次の日は鬼トレすべき理由

をそれぞれ解説していきます。

こういったように、日頃ダイエットに励む人たちや日々の健康を増進させたいと考えるへ向けて僕自身の経験や知識を伝えています。

もし興味がありましたら他の記事にも立ち寄ってくださいね。

では早速いってみましょう!!

ダイエットに有効な成分は3種類

ダイエットに有効なものの今回は3種類用意しました。実際に専門分野において200を超える成分に脂肪吸収を予防する効果やデトックス効果があります。

ここでは代表的なものを紹介していきたいと思います。

キトサン

キトサンは甲殻類の殻から抽出される不溶性の食物繊維です。効果としては、体内に入ると脂質の吸収を防いでくれるとともに血液内のコレステロール値を低下させてくれる特定保健食品にも認定されている成分です。

まだ、研究段階の部分もありますが胆嚢から排出される消化液がキトサンを摂取することで増えてコレステロール値の減少に役立っていることはわかっています。

また、不溶性食物繊維なので胃や腸に入った余分な脂質も吸収して便として排出することもわかっています。

このことから、食後にキトサンを摂取する事で余分なエネルギーを外に排出して太りにくくなるといえます。

ただ、注意点もあり、多くのキトサンはエビやカニの殻から抽出されるため甲殻類のアレルギー反応が出る方は飲むことができません。

ギムネマ

こちらは甘みなどの糖分に対して効果を発揮します。そもそも、ギムネマは東南アジアのギムネマ・シルベスタという植物の葉から抽出可能です。

ギムネマという名前の由来は「糖を壊す」という意味があります。

このことからもわかるように最近では糖尿病疾患の人にも適応がある成分として注目されています。

ギムネマは小腸での糖の吸収を抑える働きがあり、ギムネマを摂取することにより糖分をとったにも関わらず体内には吸収されず、インスリンの上昇も見られないといった効果が実験で報告されています。

とはいえ、上がらないのであれば低血糖症状が不安になりますが、糖分が足りなくなるほどの低下もみられないため低血糖症状を示した対象者は1人もいないです。

こちらも食物繊維となるため腸で吸収されなかった糖分たちは便となって外に排出されるようになります。

まさに甘いもの好きには強い味方になります。

アルギン酸

昆布などから抽出される食物繊維です。皆さんがよく触れるところでは接着剤やのりの成分として多用されています。

食べ物としては、ドレッシングやアイスクリームなどの安定剤としても効果を発揮していて多くの場面で実はアルギン酸に触れています。

このアルギン酸ですが、成分としてコレステロール値の上昇を防いでくれる効果も持っています。

天然の接着剤となるのと同時に食べ過ぎた際に過剰に体内に入った脂質に吸着してそのまま便として外に排出する役割もあります。

効率よく摂取可能なサプリメント

これらの成分を単体で摂取することも可能ですし、時間がある方はサプリメントでこの成分を1つづつ検索してもらえればでてくると思います。

ただ、食べ過ぎてサプリメント3種類をそれぞれ飲むのは面倒だと思いませんか?

それを1つにまとめたサプリメントがこちら↓↓

個別包装されていて常備しやすくなっています。

急な飲み会の誘いがあり食べ過ぎ飲み過ぎで悩むことなく飲み会終わりにこのサプリメントを飲むことで上記の3つの成分の効果を得ることができます。

しかも、初回に限って1箱(15包入)は税込4298円のところを税込980円の70%以上の割引価格!!

飲む飲まないはあなたにお任せしますが、お守りとして持っておくだけでもダイエットに対する心の余裕感は間違いなくでます。

間違いない成分がここに凝縮されているので試してみる価値はあります。

サプリメントも使用しつつ鬼トレは大切

とはいえ、食べた量にもよりますが1日消費カロリー以上の食事を行えば太る危険性はかなり高いのはいうまでもありません。

サプリメントはサプリメントです。贅沢したものが全てチャラになることはあり得ないのでしっかりと体をいじめることは必要です。

腹筋やスクワットのトレーニングも大切ですが、摂生していたはずの体に急に栄養が過剰に入ることで体には脂肪として溜め込む習慣があります。

溜め込むためについた脂肪を燃やすためにもしっかりと有酸素運動を15分以上行い汗として出し切りましょう!!

サプリメントの効果と合わせて期待大ですよ。

甘えた分はどこかで取り返す必要がありますので食べ過ぎた翌日はいつもよりも高負荷のトレーニングに取り組むことも忘れてはいけません。

結論 サプリメントの力に頼りつつ自力でも努力は必要

サプリメントを今回は紹介しました。サプリメントがあるから毎日いっぱい食べてやる!食べても太ることはない!ということは一切ありません。

そりゃ、食べまくればサプリメントをもってしても太る時は太ります。ダイエット中は基本的に食べ過ぎは良くありません。

今まで食べていた量よりも少ない食事をしているはずです。ようやく摂生した食事管理ができてきたところで急に多くのものを飲み食いすれば、久々に入ってきたエネルギーたちを今まで減ってきた分を取り戻さないといけないと思って体は必要以上のエネルギーを蓄えようとします。

その蓄えようとするものを抑え込む効果があるものがサプリメントです。

そのサプリメントにも限界はあります。これさえ飲めば間違いないことはないんです。

二重否定は強い肯定ですよ??笑

本当に食べ過ぎは良くありません。ダイエット中ならなおさらです。

食べてしまうことを否定はしませんが、食べた以上、楽しい時間を選んだ以上はその後には厳しさを与える必要が必ずあります。

それを考えて食事をしましょう。

サプリメントは御守り代わりだということを肝に銘じてくださいね!!

プロフィール
ヒサヨシ ナオヤ

福岡育ちの31歳。
理学療法学科の専門学校を卒業後介護施設(デイサービス)に従事。
その後、東洋医学、タイ、インドマッサージを学び現在はセラピストとして
月間100名以上の足ツボを行なっています。

Hisayoshi Naoyaをフォローする
ダイエット
Hisayoshi Naoyaをフォローする
ヒサヨシ 健康ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました