目の疲れ、眼精疲労は原因から解消!プラスマッサージと栄養で解決!

健康

近年スマートフォンが普及し、事務作業でもパソコンと向き合う時間が長く以前に増して眼精疲労に悩む人は顕著に伸び続けています。

眼精疲労といっても様々な症状があり、その症状が出るまでの道のりも人それぞれ違います。

まぶたが重いと感じる方がいれば、乾き目(ドライアイ)が気になる。

また、仕事をしていたら目の奥が痛くなり次第に頭痛がしだす!など目の疲れを感じるって色々ありますよね。

今までの生活スタイルを見つめ直して、あなたにあった解消法を見つけていきましょう。

目の疲れの原因とは?

  • 遠視や近視(俗に言う目が悪い)
  • パソコン、スマートフォンを長時間見る
  • 運転時間が長い
  • その他

ざっくりこんな感じ

遠視や近視(俗に言う目が悪い)

最近、目が悪くなったなーと感じていても裸眼の方がいいがいることも少なくないと思いますが、視力低下があるにも関わらず、矯正をかけずにいると、目の疲れは増幅すると言われています。

また、見えにくくなったことによるストレスでさらに目が疲れると言うこともあります。

見えにくさを感じて眼鏡やコンタクトレンズを使用している方でもその度数が合わなくなってくることがあります。

僕自身も乱視が強く高校生になってからずーーとハードコンタクトを使用していますが、年に1回は必ず作り変えるようにしています。

使い捨てコンタクトレンズであれば購入時に診察してもらうことをお勧めします。

ハードコンタクトは中々作り変えるのも億劫だとは思いますが、意外と長く使っていると細かい傷や、汚れがこべりついているなんてことが多々あります。

その傷や汚れで見えにくくなったりもあるので最低でも1年に1回はハードコンタクト使用している方も診察に行った方がいいです。

パソコン、スマートフォンを長時間見る

パソコンやスマートフォンの液晶画面は目に良くないとよく言われます。

液晶画面はLEDライトが使われておりその中の「ブルーライト」という光が悪だと言われます。

巷では「ブルーライトカット」画面フィルムなんていうのもありますが、そもそもブルーライトてなんぞや?と言ったところ。

ブルーライトは日光にも含まれているんですが、これを浴びることにより睡眠に作用する「メラトニン」というホルモン物質が出るのを抑える作用があると言われています。

日中に日光を浴びるとメラトニンの働きが抑えられ目が冴えるんですが、四六時中ブルーライトを浴びると睡眠障害が出るんです。

今まではLEDライトなんて存在していませんでしたし、ブルーライトなんてワードは表に出てきませんでしたが、携帯電話が普及し、スマートフォンに発展すると、手元からブルーライトを浴びることとなります。

ブルーライトと目の距離が大切で近ければ近いほど体への害が大きくなるというデータも存在します。

ブルーライトを浴びると寝つきが悪くなり、睡眠障害が発生し疲労感や倦怠感を感じやすくなります。

また、寝れないが故に首、肩こりなど局所的な循環障害が起こります。

日々のブルーライトの浴びすぎが積み重なり目の疲れ、倦怠感、疲労感そして、首や肩のコリ、頭痛につながるとされます。

運転時間が長い

運転をすることに限らずですが、日常生活において視覚(目)からの情報が7割を占めると言われています。

運転時には、信号や、歩行者、対向車などなど様々な情報を得て事故を起こさないように気を張って運転しています。

また、集中していると「まばたき」の回数が減る傾向にあるため目は乾燥していきます。

これがドライアイでさらに目への負担が増加します。

その他

緑内障や白内障の目の疾患から目の疲れを感じることがあります。

また、循環障害から眼精疲労の症状も出ることが確認されています。

原因から考えられる解消法とは?

  • あなたの視力を正確に知る
  • 視力低下や老眼がみられれば矯正をする
  • 現在矯正しているのであればその度数は適正か確認する
  • パソコン作業は1時間ほどで一度休憩
  • ブルーライトは夜の時間浴びないようにする
  • 運転は2時間が限界。2時間経てば一度休憩

こんな感じですかね

あなたの視力を正確に知る

まずは、見えにくいと感じたり、ピントが合わないことがあれば眼科へ行き視力を確認しましょう。

あなたが思っていたほど視力は良くないかもしれません。

視力低下や老眼がみられれば矯正をする

もし、視力低下や老眼の症状があれば放置せずに、眼鏡やコンタクトを作りましょう。

放置すると悪くなると同時にさらに目の疲れは感じます。

自分の身を守るためには先手を打ちましょう。

現在矯正している方は度数が適正か確認

現在、コンタクトや眼鏡を使用している方で、目の疲れが気になる方は一度度数が適正か確認が必要です。

序盤にもお話ししましたが、僕自身もコンタクト愛用者です。

しかし、ハードコンタクトに限っては汚れや細かい傷が徐々についてきます。

定期的に交換するのをお勧めします。

また眼鏡は一度作ると壊れるまで買わないことが多いと思いますが、視力は結構変わります。

定期的に見直したほうがいいですよ。

パソコン作業は1時間ほどで一度休憩

仕事でパソコンを使ったり、休みの日にスマートフォンで動画を見たりするとどうしてもその映像や画面に集中します。

集中するとまばたきの回数が先ほども言ったように減るのでドライアイになりやすくなりますので、こまめに休憩しましょう。

仕事などでなかなか席を外せない方もいると思いますが、トイレ休憩や、コピーを取りに行くなどの雑務を挟むこともいいと思います。

一度、液晶画面から目を離すことが大切です。

ブルーライトは夜の時間浴びないようにする

ブルーライトはメラトニンの作用を抑えますので睡眠不足になります。

今まではブルーライトといえば日光の光から得るものでしたが、LEDライトのおかげで四六時中浴びるようになりました。

なるべく、寝る前にはスマートフォンを見ないようにしましょう。

もしくは、iPhoneにナイトシフト(Night Shift)モードというものがあり、画面からのブルーライトをカットし暖色系の画面の色になる機能があります。

どうしても、スマートフォンを見たい!て思う方はこの機能を活用しても良いと思います。

運転は2時間が限界。2時間経てば休憩

視覚の情報やその処理は車の運転中フル稼働します。様々な情報を目から得て脳で処理しますが、長時間集中し、運転していると集中力も切れますし、体も疲れます。

2時間ほど運転したら少し休憩しましょう。

その休憩が事故を防ぐ最大の防御です。

時間がないから休憩しない!なんて方もいるかもしれませんが、事故を起こしてしまえば倍以上の時間と労力が必要になります。

事故を起こさないためにも休憩し未然に事故の可能性を減らしましょう。

さらに効果的!マッサージ

  • 目の周りにあるツボを押す
  • 足の人差し指、中指の付け根を押す
  • 目を温める

目の周りのツボを押す

上記の絵の通り目頭、目尻、目の下、眉尻の部分には眼精疲労に効果があると言われるツボがあります。

このツボをゆっくり息を吐きながら3秒ほどかけ押していきます。

吐ききったら息を吸いながら手の力を抜きます。

これを3セット繰り返し行いましょう。

足の人差し指と中指の付け根を押す

足の裏にも目の動きと視力に関わるツボが存在します。

目の周りのマッサージ同様にゆっくりと押してあげましょう。

目を温める

市販の蒸気が出るアイマスクの使用もいいですが、自宅や職場で簡単にできる方法を教えます。

1.ハンドタオルを水に濡らす

2.濡らしたタオルを3.40秒温める

3.目の上に乗せる

これだけです。

温める時間は目安です。暑さを感じやすい方や感じにくい方様々なのでそこはあなたの好む温度を見つけてください。

目の周りを温めると緊張がほぐれ視界もクリアになります。

ぜひ試してみてください。

寝る前に行うと寝つきも良くなり効果的です。

さらに栄養学からのアプローチ

目に優しい食べ物で思いつくものありますか?

僕はすぐにブルーベリーやない?っておもってしまいますが、ブルーベリーてなかなか取らないですよね。

そもそもなぜブルーベリーが目にいいのかというと、ブルーベリーの特徴でもあるあの紫色の色素!「アントシアニン」と呼ばれるものなんですが、ブルーベリーだけじゃなく、ナスや紫いもも同じ成分が入ってます。

ただ、ブルーベリーとナスや紫いもの違いはその含まれる量!

ナスとかは切ったら中黄色というか、白というか芯まで紫じゃないですよねー

ブルーベリーは芯まで真紫!

アントシアニンが詰まってます。

このアントシアニンが視力に関わるタンパク質に効果があると言われています。

長年眼精疲労に悩んでいる方はブルーベリーを摂取することにより視力低下の予防や、眼精疲労の軽減、白内障予防なんかにも効果的と言われているので試してみてはいかがでしょうか。

とは言ったもののブルーベリー酸っぱいし、単体で食べにくいと僕は思うのでサプリメントで手軽に摂取しています。

今オススメのものなんですが、アントシアニンも豊富に含まれているのでお勧めです。

気になる方は見てみてください!

アントシアニンの効果の実例

アントシアニンの効果って誰が一番に見つけたかというとパイロットと言われてます。

「暗がりの飛行でもものがよく見える!」と証言するパイロットが好んで食べていたのがブルーベリーのジャムだったそうで、そこからブルーベリーの研究が始まり今の結果に至ってるそうです。

さらに研究は進み、このアントシアニンはブルーライトから目を守る作用もあるという結果も出ているので現代社会においてアントシアニンは大切な成分と思います。

まとめ

  • 眼精疲労は様々な原因がある
  • 遠視や近視が気になればまずは調べる
  • 必要があれば眼鏡やコンタクトを使用する
  • 現在眼鏡など使用している方は度数が合っているか確認する(定期的に確認する)
  • ブルーライトはカットすべし
  • 目の疲れには目の周りのマッサージや足指のマッサージ、また温めたりが効果的
  • 目の疲れにはアントシアニンが有効

長々なりましたがこんな感じですかね。

日常生活の約7割の情報を目から得ているからこそ目の疲れはあなたにとっても、そして、あなたの周りの人にとってもつらいものです。

スマートフォンやパソコンの普及により便利になった世の中ですが、体自身はその進化に対応できていません。

その結果、ブルーライトという今まで表に出なかったワードが出てきて四六時中ブルーライトを浴びる生活が始まりました。

それは、目の疲れとともに睡眠障害を起こす因子でもありますし、そのケアをするのはあなた自身です。

マッサージをしたり、温めたり、サプリメントに頼ることも必要だと思います。

一つでも実行していただき、継続することが今後の快適な人生を作り出します。

目は大切にしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました