大山式足指パットの効果は?体験者が話すメリットとデメリット

健康

こんにちは、ヒサヨシです。

足ツボセラピストとして月間100人以上の足を触っていると極端に足の裏が疲れている人って多いんですよね。

でも、マッサージ受ける人で「足の裏がめちゃ疲れてるから入念にしてほしい!」なんて言う人はほとんどいないです。

僕が経験した中でも10人いるかいないかくらい。そのくらい足の裏って人間の体の作りの中でも強く耐久性がある作りになっています。

しかしながら、知らず知らずのうちに疲れが溜まってくると足の裏からふくらはぎ、太もも、骨盤、背骨とどんどんバランスを崩していきます。

逆に足裏の疲れを取ってあげることで全身が軽くなる!なんてこともあるくらい足の裏って大切な箇所になってるんです。

意外ですよね。

一説には頭のてっぺんから足の指先まで一つの膜で覆われていると考えている学者さんもいるほど。

それを証明する1つの方法として↓↓

  1. 前屈をする(体の柔軟性を確認)
  2. おでこに手を当てて時計回り、反時計回りに3回づつグリグリとマッサージする
  3. 再度前屈

これを行うと柔軟性が高くなります。おでこから膜を緩めてあげることで柔軟性が上がると言う結果なんです。

話はそれましたが、足の裏と全身は間違いなく関係があるわけなんです。

ここで僕がオススメしたいものが大山式足指パット(ボディメイクパット)の紹介です。

2013年に発売されて以降シリーズ累計480万個を売り上げた足の指に装着すると姿勢が良くなると評判になった商品です。

今回お伝えしたい内容は↓↓

  • 大山式足指パットの効果
  • 大山式足指パットのメリット、デメリット
  • 実際に使った感想、ダイエットに効果あるのか?

をお伝えしたいと思います。このようにヒサヨシ健康ブログではダイエットにまつわる知識や経験、そして健康や病気にまつわる話をしていますので興味が湧いた方は是非他のページも読んでいってくださいね。

大山式足指パットの効果

大山式足指パットの最大のポイントは浮き足の改善であることを公式サイトでも言っています。

そもそも浮き足という言葉に聞き覚えもないですし、どんなものかわからない人も多いと思います。

ここでチェック項目を用意しました。

  1. 普段よく履く靴の底が斜めにすり減っている
  2. 足の裏に、タコ、ウオノメ、角質がある
  3. 足指でグーチョキパーができない
  4. 段差もない平坦な場所でよくつまづく
  5. 電車やバスなどで立って乗車をしている時に急な揺れに体が対応できない
  6. いつも左右どちらか片方に荷物をかける癖がある

チェック項目から1つでも心当たりがあるようなら浮き足かもしれません。

足ツボマッサージを受けるお客様の足をよく観察しているんですが結構多いと思います。

というのも見た目でもわかる部分もありまして、1番は踵と指先を線で繋いだ時に指が少し反ったようになっている人。もしくは、指の付け根部分にタコやウオノメ、角質ができている人はほとんどの場合浮き足だと言われています。

この浮き足を改善することで体に良い効果をもたらす仕組みが大山式足指パットです。

浮き足だと体はどうなるのか?

浮き足がどのような状態なのかは少し理解してもらえたと思います。

では、浮き足が及ぼす体への影響とはなんなのか気になりますよね。

  • 冷え性
  • O脚
  • 膝痛
  • 腰痛

と言われています。

浮き足であることにより足の指がうまく使えていない状態にあります。

指が使えてなければ筋肉の働きも良くないので必然的にむくみやすくなり冷え性にもなりやすいことがわかっています。

さらに指がうまく使えていないと、体の重心がめちゃくちゃ不安定になるんです。

僕自身も学生の頃に研究したことがあるんですが、足指に1㎝の板を入れて浮かせた状態で重心測定を行うと板を入れていない状態よりもかなり重心の動揺が見られました。

仮説で足指がしっかりと機能することで重心のバランスを取ると考えていたんですがまさにその通りの結果だと思います。

重心が正しい状態であれば体に支障をきたすことは少ないですが、足指が機能してないことで重心バランスが乱れて膝、腰への負担はかなり大きくなります。

その結果、長年の積み重ねが膝や腰に痛みをきたします。

大山式足指パットのメリット

ここまで、浮き足の話が続きました。

これを改善することがいちばんのメリットになります。

さらに浮き足が改善されることによって

  • ウオノメ、タコ、角質の改善
  • 姿勢が良くなる
  • 膝、腰、肩の痛みが軽減
  • むくみ、冷え性の改善

が挙げられます。

大山式足指パットを使用することにより浮き足にアプローチします。その結果として、今までうまく使うことができていなかった足指が機能するようになると足指を動かす作用のある筋肉も使われるようになります。

筋肉が使われるようになると筋肉がポンプの作用として働きむくみの改善や、冷え性の改善がみられます。

さらに、足指を使うことにより重心が安定し始めます。

重心が安定することにより通常とは違うところに負担のかかっていた膝や腰ですが、大山式足指パットを使用することにより二足歩行で本来かかるべきところに圧がかかるようになり今までと違い楽に感じることになります。

ここに加えて重心が安定することにより、背筋が伸び猫背の解消報告もあります。猫背は肩甲骨周りを引っ張り肩こりの原因とも言われていますので肩こりの改善にも効果が見られます。

大山式足指パットのデメリット

ここまで話してきた内容は科学的根拠は僕自身の研究などの結果を含めて話してきました。

しかし、デメリットは公にされておらずここからは僕自身が数年前使用していた時の感想になります。

  • 使い始めは痛い
  • 普段使いの靴が履けないかもしれない
  • 黒色を使用していたので目立つ
  • 不意に靴を脱ぐと恥ずかしい
  • 洗うのが面倒

皆さんがいちばん気になるところだと思います。

使い始めは痛い

装着した時の感想…とりあえず痛いです。

しかしこれは3年前に使用していました。現在は進化していて痛みが出にくいような設計になってるそうです。

とはいえ、今までうまく使うことができていなかった箇所を装具を使って動かそうとするわけなので、痛みはしょうがない部分かもしれません。

痛みが強く歩くことすら困難ならば無理に使用しないようにしましょう。

お気に入りの靴が履けないかも

外付けの装具をつけることになるので靴はジャストサイズだと履けない、入らない場合があります。

スニーカーなど靴紐で調整できるものは良いですが、靴紐のない革靴などは履けないことがあるので注意が必要です。

黒色のパットは目立つ

発売当初は黒色のパットでした。

なので、わかる人にはわかりましたし、大山式足指パットを知らない人はあの人何つけてるの?ってなってました。

改良版足指パットは肌色のものも出ていて目立たないようになっているので安心です。

不意に靴を脱ぐと恥ずかしい思いをすることあり

例えば飲み会の席でお座敷の場合、靴を脱がなければなりません。

装着し始めてある程度時間が経つと痛みはほとんど出ません。それゆえにつけていることを忘れている時があります。

とりあえず飲み会の席であれば話題作りになるしオススメしたりして会話のネタにもなるかもしれませんが、そうでない場合もありますよね。

例えば、気合い入れたデートとか。笑

何も知らない人だとちょっと残念に思われるかもしれないので注意しましょう!!

洗うのが面倒

なんだかんだ言ってもこれがいちばんネックで僕は使用するのやめました。

装着していればやはり汗などで汚れてしまいます。

僕は素足にサンダルで使用することが多かったですが、たまに靴下履いて、靴を履くこともありました。

靴下を履くと靴下の繊維というか、毛玉が絡むことがありなかなか大変でした。

一度使用すれば水洗いをして石鹸などで汚れを落とし水気をタオルでとって陰干しをすると言う流れで洗うんですけど、だいたい5分から10分あれば完了します。

ただこれが毎日続くとなると大雑把な僕としては苦痛でした。笑

更に足に痛みが出ることもあるので止める後押しにもなります。

実際に使った感想

やはり使い始めの痛みはなかなかつらいと思います。さらにお気に入りの靴が履けないこともあるので継続することを妨げる因子になり得ると思います。

そして、メンテナンスが毎日になれば面倒に思う人もいるかもしれませんし、公式サイトにも書いているように毎日使用すれば2ヶ月後が買い替えた方がいいとされていて面倒な要素がいくつかあります。

とはいえ、実際に8ヶ月程使用しましたが、肩こりが楽になったり、月に一度の頻度で出ていた腰痛は足指パットを使っているときは出なかったので一定の効果は実感できました。

さらに筑波大が研究発表している情報として、大山式足指パットを使用した場合と使用していない場合で筋肉の活動量を比較したデータをとりました。

結果として、大山式足指パットを使用した方が筋肉の活動量が4〜13%増加したと発表しています。

筋肉活動量が上がることでエネルギー消費量も上がり、代謝が上がり痩せやすい体になります。

実験結果からはダイエットにも効果あると言われていますが実際に効果を実感したかというと疑問です。

仮に足指パットをつけたまま歩き続けて数ヶ月やったとしても足指パットのおかげで痩せました!というよりは毎日運動してるから今までより運動量が根本的に上がっているので足指パットだけの力ではないと僕は思います。

ただ、これも僕の経験談ですが、足指パットを使用してジム活したことがあるんですが、同じメニューをしていてもいつもと違う箇所(特に脚)が筋肉痛になった経験があるので普段と違う筋肉が働くというのはありますね。

結論 何も使わないよりは効果があるかもしれない

まとめていきますね。

まず大山式足指パットは浮き足と呼ばれる足指がうまく使えない状態の足の人に向けて作られたものです。

僕自身も足ツボセラピストとして毎月多くの方に来ていただいて足ツボを提供していますけど、浮き足じゃないかな?って思う人は結構多いです。

しかしながら、本人は浮き足という自覚もなければ足裏が疲れているなんてことすらもなかなか感じにくいというのが今の現状です。

一度、あなたの足を自分で確認してみてください。

足指の付け根にタコやウオノメ、角質ないですか?

もしあるようなら大山式足指パットは有効かもしれません。

使用した感想としては、とりあえず最初はやっぱり痛いです。

その痛みがあるときは長時間の使用は避けましょう。徐々に慣れてきますので時間をかけながら付き合うことが大切です。

僕のようなガサツな人間は洗うことが面倒に思うかもしれません。ただ、足は結構汗をかきやすい場所なので清潔に保つためにも使用すれば洗いましょう。

慣れてくれば手間でもないですし、痛みも感じにくくなります。痛みを感じにくくなってくるとなぜか腰痛や膝の痛み、さらには肩こりも感じにくくなり不思議な感覚になったのを覚えています。

僕自身は効果を感じてこのようにオススメしていますが、他の方の感想を見ると効果を感じないなんて口コミも実際あります。

こればかりは合う合わないがあると同時に使用した人が浮き足出なかったのかもしれません。

使うことで体に悪影響が出たという記事はなかったので実際に試してみて効果を実感してみてください。

今回紹介した大山式足指パットは2000円前後で購入可能です。

2019年秋冬のミラノコレクションという世界の一流モデルがランウェイを歩く際に今回初めて提供していて爆発的に売れています。

入手困難になることも予想されるので興味がある方はお早めにご購入くださいね!

今回は大山式足指パットの紹介でした。

実際にダイエットに効果があるか僕には疑問ですが、肩こりや腰痛の改善は体感しました。

何もせずに変わらないでいるのであれば悪くなることはないと思うので一度試してみる価値はあるかもしれません。

プロフィール
ヒサヨシ ナオヤ

福岡育ちの31歳。
理学療法学科の専門学校を卒業後介護施設(デイサービス)に従事。
その後、東洋医学、タイ、インドマッサージを学び現在はセラピストとして
月間100名以上の足ツボを行なっています。

Hisayoshi Naoyaをフォローする
健康
Hisayoshi Naoyaをフォローする
ヒサヨシ 健康ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました