【実体験】ぽっこりお腹引き締めは人生で3つのことを変えてくれる

健康

ぽっこりお腹の4.50代の人って貫禄あっていいなーと無い物ねだり的に憧れあった若かりし頃の僕ですが、実際歳を重ねてお腹が出てくると周りから「みっともない」とか「だらしない」とか直接ではないものの言われてるような(被害妄想的)気がしてたんですよね。笑

そして、職場の先輩が急に筋トレに目覚めてゴリマッチョに半年かけてなったのを見て僕もやってやろう!!!と筋トレを始めた時のお話です。

タイトル通り3つのことが人生で変わりました。

  1. 見た目が変わり自信が溢れる
  2. 今まで気にならなかった食生活が自然と変わる
  3. 予定管理やビジョンをしっかり考えるようになった結果、仕事効率が上がる

この3つが変わりました。

そもそもぽっこりお腹の原因は?

原因は2つ考えられます

  • 筋力低下
  • 便秘

これはこのあとお話しする3つの変化の中で僕がとった行動で解消されます。

筋力低下

加齢とともに筋力は使わないと落ちていきます。

筋力が落ちる事で代謝が悪くなり若い頃と同じように脂質の多いものを摂取すると皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなります。

便秘

便秘になると大腸で食べたものが止まり、お腹が張ります。

それと同時にとどまる事で腸では栄養を取り続けようとするので体内でエネルギー源が作られすぎストックしだすので皮下脂肪や内臓脂肪に変換されます。

そのほかにも骨盤が歪んでいたり、姿勢の悪さなども挙げられます。

ここからが僕自身の変化です。

見た目が変わり自信が溢れる

これはかなり僕の中で顕著でした。

あなたもSNSなどで筋肉好きそうな発信者の画像や動画を一度でも見たことないでしょうか。

なんでか鍛えてる人で自信なさそうとか、自分のこと嫌いみたいな「ネガティブキャンペーン」してる人を僕は見たことないです。

むしろ自愛がすごいくらい!

俺の筋肉いけてるでしょ?」みたいな笑

体つきが変わるとなんでかポジティブな気持ちになるんです。

ちゃんとこれにも2つ理由がありました!

見た目が変わり自信に溢れる理由①

成功体験が自信を持たせるんです。

小さな成功でも人間にとっては大きな一歩。

ぽっこりお腹ってやばいなーみっともないなーという気持ちから徐々に体つきが変わり、夢のシックスパックの腹筋を手に入れたら「キタコレーーー」てやつですよ!

筋トレって苦痛だし!筋肉痛は出るし!つらいんですけど、それが結果として目に見えた時に成功体験を掴み「俺でもできる!!!」てメンタルに切り替わります。

その結果、仕事でも自信に溢れ、あれだけの努力が実を結んだんだから「今日もいい仕事ができる」と考えられるようになります。

僕の場合もマッサージの仕事で「強い力で押してくれ!」ってお客様に言われても、終わってから「力足りてなかったかな?」とか不安に思う日々を過ごしてましたが、筋トレ始めてからはその気持ちは今ないです!

見た目が変わり自信に溢れる理由②

筋トレを行うことでテストステロンという男性ホルモンの分泌が促進されます。

これはやる気を生み出すドーパミンを湧き出させます。

その結果、理由①の成功体験の自信と重なり、様々な事にチャレンジし、今までないくらい成果が上がるようになるんです。

実際どんな方法を僕はしたのか?

この時取り組んだことは、youtubeであらゆる腹筋強化トレーニングの動画を朝晩観ながら行うことと、トレーニング後にプロテインを必ず摂取。

これだけです。

だいたい3カ月くらいで目に見えて腹筋ついてきたなと実感できます。

筋肉痛が出ている日を除いてひたすら動画見てやり込んでました!

筋肉痛があるときは15分ほどの散歩をしてました。

今まで気にしていなかった食生活が自然と変わる

これまた顕著に変わりました。

今までだと、お店に行けば高カロリーで味濃い食事を好んで選んでいましたし、コンビニに行けばパンや、弁当などの炭水化物多めのものを食べていました。

トレーニングをし出すと意識的に「タンパク質」摂取しないといけないと感じ、迷わずサラダチキンとゆで卵を選ぶようになりました。

どうしてもお腹空くときはナッツなどを食べてます。

腸内環境を整えるためにもヨーグルトの摂取も毎日行いました。

とは言ったもののヨーグルトは個人的に飽きることもあったので乳酸菌の入った飲み物で代用する時もあります。

最悪仕事が忙しい時なんかは一応サプリメントも使ってたりもします。

小さい頃から便秘症だったんですが、ヨーグルトや乳酸菌入りの飲み物やサプリメントの効果もあって便秘で悩むことはなくなりました。

極力炭水化物は減らしますが、バランスを考え朝はエネルギー源が必要となるので米やパンもとります。

また、飲み物もジュースは飲まなくなりました。

基本ブラックコーヒー一択。

そして、外食などどうしても行く場合は、今まで抑えてた食べたい欲求を最大限に開放して食べまくります笑

その代わり、翌日はかなり控えめな食事。

豆腐とか納豆とかそんなん食べます。

質素ですがしょうがないこと。

お酒もほどほどに飲んでます!

我慢のしすぎはストレスになり良くないので翌日の食事でバランスを取るようになりました。

これは、意識してやってるってよりは「ぽっこりお腹を解消してやる!!」て、思ってたら自然とこんな行動になります。

予定管理やビジョンをしっかり考えるようになった結果、仕事効率が上がる

ぽっこりお腹解消のために始めたものが、結果としてこのようなことまで起こります。

テストステロンの分泌が促進され、ドーパミンが出るとやる気になる説明をしましたが、それがプライベートや仕事でも改めて活かされてる感じです。

今まで見えなかったものがかなり見えるような感覚になり、トレーニングしてない人に比べるとかなりの速さで成長が加速します。

ぽっこりお腹を解消するというゴールを設定し、そこに向けて行動する。その中で食事に気をつけていくと考えながら行ったものが成功体験として感じると、仕事も同じように、ゴール設定を行う→プロセス(ゴールへの順序立て)→検証→ゴール成功体験)て思考に変わりました。

とは言ったものの思考停止する時があります。

食事を意識しすぎてケトーシスになる

何事もやりすぎは良くないです。

ぽっこりお腹を凹ますにはそれ相応の努力が必要になります。

今まで自分自身の体を甘やかしてた結果なので仕方がないことなんですが、一念発起して取り組んでると急に頭の回転が悪くなる時があります。

いやいや、ドーパミン出てやる気出るって言ってたやん!てなると思いますが、追い込みすぎると陥る状態なんですが、簡単に言うと「低血糖」状態になります。

なので、頭がボーとするときは、一度休憩して甘いものをとりましょう!!

まとめ

  • ぽっこりお腹を解消するとメリットが多い
  • 仕事もプライベートも人生が逆転する
  • やりすぎ、追い込みすぎは危険

こんな感じですかね!

ぽっこりお腹は糖尿病の方も結構な割合で多いです。

糖尿病とその予備軍。合併症を発症させないためにも早期発見と対策

上記記事にも書いてるように糖尿病にならないように予防もでき、仕事もプライベートもやる気になる。

そして、食事管理も自然と身につき腸内環境も整えて便秘の解消でさらに健康!!

ただやりすぎると危険なこともあるのでそこはあなたの体調と相談しながらやりましょう!!

本当に人生が変わると思いますし、僕自身はやってよかったと思うし、その時に筋トレに目覚めた先輩には感謝しています。

やるかやらないかはあなた次第!!

素敵な人生になりますように!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました